雑貨

【CHEMEX6カップ レビュー】コーヒーの時間が楽しくなる!美しく機能的なコーヒーメーカー

こんにちは、買ってよかったものを探すのが大好きなZakです。

長く使っていたコーヒーメーカーが最近割れてしまって、新しいコーヒーメーカーを物色。

毎日コーヒーを入れるために、機能的でデザインも満足できるコーヒーメーカーを探していて、非常にいいものを見つけました。

CHEMEX(ケメックス)6カップです。

良いところ
  • インテリアになる美しいデザイン
  • MoMAなど美術館に展示
  • 使いやすい注ぎ口
  • ドリッパーいらず
気になるところ
  • 洗うのが面倒

飾っておくだけでも満足する美しいデザイン。

ドリッパー要らずなところも便利。

美しい雰囲気のお陰で更にコーヒーがおいしく感じます

コーヒー時間が更に楽しくなりますよ!
こんな人におすすめ!
  • おしゃれなバッグハンガーを探している方
  • 新しいカバンを大事に扱いたい方
  • CHEMEX6カップの商品レビューが気になっている方

それではご紹介させてください。

CHEMEX6カップとは

サイズ 14 x 14 x 21 cm
容量 6カップ
素材 耐熱ガラス (耐熱温度差 120度)、天然木

1941年化学者、ピーターシュラムボーム博士によって考案されたケメックスコーヒーメーカー。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)、フィラデルフィア美術館、スミソニアン博物館の永久展示品にも選定されている、まるで三角フラスコと漏斗を合体させたような不思議なフォルムで、耐熱ガラスに木製の持ち手、革ひもを組み合わせたデザイン。

厚手のケメックス専用フィルターと円錐形のケメックスコーヒーメーカー本体を組み合わせることで、コーヒー本来の味を抽出する。

引用元:Amazon商品ページより

美術館に展示されているほど美しいコーヒーメーカーなんですね!

 

CHEMEX6カップの外観

シンプルな包装。

開けると美しいコーヒーメーカーがお目見え。

まるでフラスコのようなデザインですね。

木とガラスのコントラストが美しい。

注ぎやすそうなデザインでいいですね。

見た目がしびれるほどカッコいいです!

 

CHEMEX6カップの使い方

コーヒーを準備してみましょう。

我が家では毎日コーヒー豆を挽いています。

関連記事:【ラッセルホブス コーヒーミル レビュー】手軽に美味しい曳きたてコーヒーを飲みたい方におすすめ!

https://cf-life.com/acc2

最近は金属フィルターを使っています。

コーヒーを準備してお湯を注ぎます。

500mlほどのお湯で容量はこのくらいたまります。

骨董屋で買ったホワイトカップ、NY旅行で買ったスターバックス限定マグに入れて完成。

美味しいコーヒーの出来上がりです!

 

CHEMEX6カップの洗い方

洗い方が気になる方も多いと思うのでご紹介します。

革ひもを緩めて木製パーツを外します。

ガラス部品だけになれば洗う準備完了です。

意外と簡単ですよ!

 

CHEMEX6カップの良いところ・メリット

  • インテリアになる美しいデザイン
  • MoMAなど美術館に展示
  • 使いやすい注ぎ口
  • ドリッパーいらず

やっぱり一番気に入ったのは見た目。

フラスコと漏斗を合わせたようなデザインはまるで芸術品。

実際にMoMAなどに収蔵されています。

注ぐときもこぼれづらく、コーヒーを作るためのデザインを体現しているよう。

使い勝手含め、非常に満足感あります。

作成したコーヒーもおいしく、毎朝のコーヒータイムが更に楽しくなりました!

 

おしゃれな雑貨が好きなひとにおすすめです!

 

 

CHEMEX6カップの気になるところ・デメリット

  • 洗うのが面倒

これは見た目通りです笑。

木製パーツを外す手間などが発生するため、通常のコーヒーメーカーと比べるとどうしてもひと手間かかります。

手だと中が洗えないので、こういうスポンジ(水筒掃除用など)が必要になります。

おしゃれさ・機能性と手間を天秤にかけて、購入をご判断くださいね!

 

 

CHEMEX6カップ レビューまとめ

・美しくて機能的なコーヒーメーカーが欲しい

・ケメックスは美術館展示の美しいデザインと注ぎやすい機能性が魅力

・洗いづらいのは事前に覚悟が必要

毎日使うモノが研ぎ澄まされると、日々更に楽しくなります。

コーヒータイムを更に楽しみたい方におすすめですよ!

以上、【CHEMEX6カップ レビュー】コーヒーの時間が楽しくなる!美しく機能的なコーヒーメーカーを紹介しました!

ではまた。