家電・家具・雑貨

【ジャンプスターター 使い方紹介】車のバッテリーあがりの時の救世主!【持っていれば安心】

【ジャンプスターター 使い方紹介】車のバッテリーあがりの時の救世主!【持っていれば安心】

こんにちは、Zak(@zak56685521)です。

もう2021年ですね。

初のアメリカで年越しを迎えめでたい気分の中、車のエンジンが急にかからなくなりました

久しぶりのバッテリー上がりです。。

年初から知り合いの車を呼ぶのも有償のロードサービスを頼むことも憚られ、初のジャンプスターター購入を決断。

Amazonで翌日到着して充電後すぐにトライしたところ、無事エンジンをかけることが出来ました

これはお手軽・・っ!

転ばぬ先の杖として非常に気に入りました。

こんな人におすすめ!
  • バッテリーがあがって困っている方
  • 周りに車で駆けつけてくれる知り合いがおらず弱っている方
  • バッテリーがあがる前に念のためジャンプスターターを購入しようとしている方
ポイント!
ブログ運営者 Zak

是非皆さんにもご紹介させてください!

車のバッテリーあがりの症状

バッテリーに蓄積された電気が減少し、セルモーター(エンジンを始動させるモーター)を動かす電気がなく、エンジンがかからなくなった症状を指します

セルモーター自体の不調の可能性も0ではありませんが、エンジン以外にもライト・ウィンドウなどの電装系部品も動かない場合、よりバッテリー原因の可能性は高いと思われます。

急に車が動かず絶望的な気持ちになりましたよ。。

車のバッテリーあがりの原因

電気不足の原因は室内灯・ヘッドライトをつけたままエンジンをきってしまったこと。

もしくはほとんど運転せずバッテリーが自然放電しまったこと。

もしくは、バッテリー自体が古くなり、当初の性能を保てなくなってしまったケースです。

我が家はバッテリー自然放電と思われます。

 

エンジンをかけるときの対応方法

1)ジャンピングスタート

他の車から電気を分けてもらってエンジンをかけるパターンです。

もっとも一般的な方法ですが他の車の救援・ブースターケーブルが必要なところが悩みどころです。

2)ロードサービス

JAFや保険会社のロードサービスを利用するケースです。

JAF会員であれば無料ですが、入会していないケース13130円(2020年12月時点、詳しくはHPをご覧ください)

プロのサポートは安心ですが、有料且つ人を呼ぶ手間が少し悩ましいですね。

3)ジャンプスターター

自分1人で車のエンジンを再起動できるスターター。初心者でも簡単に利用可能。

車のバッテリーが上がっても、牽引車を読んだり助けを待つ必要がありません

スマートフォン・タブレット等の充電にも利用できますので、1台持っていると安心ですよ!

 

ジャンプスターターのやり方

アメリカで購入した機種で作業イメージ紹介します

1)ジャンプスターター充電

事前にバッテリーを充電します。

2)車のボンネットを開ける

① 運転席の右下にあるボンネットオープナーを引きます。

② ボンネット先端のすき間に手を入れ、レバーを押し上げてロック解除。ボンネットを持ち上げます。

すき間程度しかボンネットが開かないので、レバーは手探りで探すイメージ

③ ボンネット裏側のステー(ボンネットを保持するための棒状の部品)を外し、車体の穴に差し込み、ボンネットを開けたまま固定します。

3)バッテリー位置確認・ジャンプスターター接続

ジャンパーケーブルを充電デバイス本体につなぎます。

ジャンパーケーブルのクランプを、バッテリーの金属部位につなぎます。

必ず、黒クランプをバッテリーのマイナス端子( – )につなぎ、赤クランプをプラス端子 ( + )につなぐよう留意ください。

バッテリーの位置は車のオーナーズマニュアルで確認ください。

4)エンジンをかける

エンジンをかけてみて、無事始動すれば完了です!

エンジン始動したあと、即座に(機種によっては異なりますが20-30秒以内)にケーブルを外しましょう。

とっても簡単ですね!

 

バッテリー上がり対策後に気を付けること

エンジンがかかった後はしばらく走行してバッテリーを充電しましょう。(アイドリングよりしっかり走行した方が効率的に充電できます)

もし再度エンジンがかからなくなった場合は、残念ながらバッテリー自体が古くなってしまっている可能性があります。

一度バッテリーあがりになった方は、一度 車の販売店にメンテナンス相談に行くことをおすすめしますよ!

まとめ

要約リスト


・バッテリーあがりは突然起こる
・ロードサービスやほかの車の助けを呼ぶのは大変
・ジャンプスターターを持っていれば1人でカンタンにエンジン再起動可能!
・一度バッテリー上がりになったら販売店にチェックしてもらうことをおすすめ

ライト着け忘れ等に気を付けていても、しばらく使っていない車は突然バッテリーあがりになることがあります。

大事なイベント前になってしまったらと思うとぞっとしますよね。。

ジャンプスターターを持っていれば万が一の際 立往生せずにすみます

アメリカでロードサービス英語で呼ぶのも躊躇われるので非常に助かりました。

心配な車オーナーは、転ばぬ先の杖としてジャンプスターターを是非ご覧になってみて下さいね!

以上、【ジャンプスターター 使い方紹介】車のバッテリーあがりの時の救世主!【持っていれば安心】を紹介しました!

ではまた。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

こちらもあわせてどうぞ

1.大人になってから趣味を見つけたい→【大人の趣味】今から始める!おすすめの趣味15選【プライベートが充実すれば仕事も上手くいく】