時計・アクセサリー・小物

【COS(コス)レビュー】ユニクロ以外も着てみたい人におすすめのベーシック&ハイクオリティブランド!

【COS(コス)レビュー】ユニクロ以外も着てみたい人におすすめのベーシック&ハイクオリティブランド!

こんにちは、Zak(@zak56685521)です。

どのシーズンでも服を買いたくなった時まず見るのはユニクロ。

コスパに非常に優れたブランドですが、たまにはユニクロ以外の服も来たくなりますよね。

そんな方におすすめブランドがCOS(コス)です。

blankblank

 

良かったところ
  • リーズナブルな価格で高品質
  • ユニクロとは一味違うデザイン
  • 知る人ぞ知るブランド
気になるところ
  • アイテムラインナップが毎年似ている
  • 店舗数が限られる(オンラインがおすすめ)
  • ミニマムデザインなので好みに合わない人も

H&Mが立ち上げた新ブランドで、ハイクオリティなベーシックアイテムを展開しているのが特徴。

小物もかわいくてお値打ち。つい買い足したくなります。

ユニクロ以外のブランドにチャレンジしたい方におすすめです!
こんな人におすすめ!
  • ユニクロ以外のコスパブランドを探している方
  • ミニマル・ベーシックデザインが好きな方
  • COSブランドに興味がある方
ポイント!
ブログ運営者 Zak

それではご紹介させてください。

COS(コス)とは

ブランド概要

COS(コス)はロンドンのファッションブランド。COSとは「Collection of Style:コレクション・オブ ・スタイル」の略称。2007年、H&Mグループが新たなブランドとして「COS」を立ち上げた。インハウスのデザイナーとバイヤーが中心となり展開している。

H&Mより価格帯は高く、より高感度な層に向けてアイテムを発信。メンズ、レディース、キッズをターゲットに「高品質の必須アイテム(high-quality fashion essentials)」をリーズナブルな価格で提供している。

欧州では既に50店舗以上を展開。アジアでは、2012年に香港に1号店をオープン。2014年の冬に日本に上陸した。

引用元:Fashion pressより抜粋

H&Mグループが展開するハイクオリティ アイテムなんですね!

店舗・取り扱いアイテム イメージ

blankblank こちらはソウルの店舗ですが非常にオシャレ。デザインのこだわりが伺えます。

日本は3店舗です。(21年6月現在)

通販で見るのがおすすめです!
blankblankblankblank

取り扱いアイテムはミニマムデザインでハイクオリティ

個人的にはレザーアイテムが気になりました。

小物もかわいいです!

 

COS(コス) 購入アイテムレビュー

コントラストニットソックス

商品概要

blankblank

対照的な色で編みこまれたニットソックスです。

2サイズ展開。

外見・着用レビュー

blank
blank
blank
blank
blank
上品なデザインで革靴にぴったりです!

ひも付きスイムショーツ

商品概要

blankblank

定番のスイムウェアをCOSテイストを添えてアップデート。

このスイムショーツは、伸縮性ウエストバンド付きの露出ジッパーポケットが特徴で、快適です。スタイリッシュにキメましょう。

– レギュラーフィット
– マットなアイレット
– 隠しジッパーのついたウエルトポケット
– メッシュの裏地

引用元:公式HPより

 

 外見レビュー

blank

ちょっと高見えするスイムウェア。

blank

ジッパー付きで貴重品も安心。

blank

デザインがいいので短パンとして泳ぐとき以外にも使えます。

買う頻度が少ない水着こそオシャレなモノを選びましょう!

 

COS(コス)でアイテムを購入した感想

blank

通販での購入なので小物系から購入しました。

アイテムラインナップ、デザイン、柄などユニクロとの違いを感じますね。

値段もブランドアイテムと比べるとお手頃で買いやすいです。

ベーシックデザイン中心なので来年以降のラインナップも予想できるのが気になるところですが、高品質なアイテムばかりで長く使えそうです。

 

まとめ

要約リスト


・ユニクロ以外のブランドを着てみたい
・COSはH&Mグループが展開するハイクオリティ・ベーシックアイテム展開ブランド
・小物が豊富で買い足しが楽しい
・店舗数が限られるので通販がおすすめ

他の人と違うブランドを着てみたいという方には非常におすすめです!

 

以上、【COS(コス)レビュー】ユニクロ以外も着てみたい人におすすめのベーシック&ハイクオリティブランド!を紹介しました!

ではまた。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

関連記事