【Wise(旧TransferWise)利用方法】海外送金を安くオンラインで出来るサービス!【駐在前おすすめ】

こんにちは、Zak(@zak56685521)です。

アメリカ駐在前の準備で面倒なことの1つが、現地貨幣の準備

アメリカ給料の振り込みまで(1か月以上)、事前準備した予算で生活する必要があります。

駐在してから食事、ホテル宿泊は日本で使っていたクレジットで乗り切れても、家を借りるときの頭金等 は銀行口座からの支払い(チェック)が必要になるのでご注意ください。

Zak

Zak

駐在前にドルを送金しておかないと大変ですね!!

その中で一番大変なのは海外送金。

海外送金に関する困りごと

・銀行窓口の訪問が必要

・(オンライン対応可でも)手続きが煩雑、時間がかかる

・海外送金手数料が高い!

このような困りごとを解決する海外送金がないかと思って色々調べたところ、非常に優れたサービスを見つけました。

それがトランスファーワイズです。

良いところ
注意するところ
  • 送金手数料が安い
  • 手続きがオンラインで完結(忙しい平日に銀行に行かなくていい)
  • 送金が早い
  • 駐在前も駐在から帰る時も使える(海外から日本への送金も可能)
  • 海外受取の口座が必要
  • 日本から海外の送金最大額が100万円

銀行より良心的な為替レートで安く、早く、オンライン完結する海外送金サービスです。

Zak

Zak

完全に良いとこ取りですね!

サービス利用時に必要なモノ

・マイナンバーカード(もしくはマイナンバー通知カード+パスポート/運転免許書)

・海外銀行口座(開設済)

必要な資料も駐在前は基本準備できているものだけですね。

私は2回ほど駐在前にサービスを利用しました。

Zak

Zak

手続きもスマホ完結でカンタンですし、しかも2回目以降は1~2日(営業日)で送金できましたよ。

今日はそんなお得な海外送金サービス トランスファーワイズについて紹介します。


こんな人に
おすすめ

・海外赴任前の忙しい(時間がない)サラリーマン

・海外留学している大学生

・海外駐在から帰任して資金移動したい方

・海外で金融投資を行いたい方

日本に帰った後も海外口座資金を移動できて便利ですよ。

それではご紹介させてください!

サービス名がWiseに変更になりました(旧TransferWise)。変更理由はこちらから

海外送金サービスの比較

みなさん海外送金といえば、銀行をイメージしますよね。

銀行の海外送金サービスは送金手数料だけでなく、業務関係のない銀行に送金手続きをするための受取(中継)手数料、加えて為替レートにも一部コストが上乗せされています。

(例)三菱UFJ銀行 トランスファーワイズ
送金手数料 送金する際に銀行へ支払う費用 3000円 (オンライン・他行あて) 132円 + 両替え額の0.63%
受取手数料 (中継手数料) 中継先の銀行に支払う費用 あり なし
為替手数料 (隠れコスト) 通貨を両替する際に引かれる費用 あり なし

トランスファーワイズは上記コストがかからないのが特徴です。

最新コストはトランスファーワイズ公式HPにて確認できます

上の図は50万円ドル送金する特にトランスファーワイズと他サービスの比較リストです。

サービスによっては40ドル以上もコストが違いますよ。

Zak

Zak

海外で生活する上で費用は節約しすぎて困ることはありませんよね!

Wise(旧TransferWise)について

概要

TransferWiseは、グローバルに展開するフィンテック企業です。海外送金や外貨決済、国際的事業における支払や受取といった場面で、利用者に簡単かつ経済的な手法を提供することをミッションとしています。

TransferWise は、ターベット・ヒンリクスとクリスト・カーマンを共同創業者として2011 年に設立されました。

2019年5月時点での時価総額は35億米ドル(約3,716億円)と欧州最大級のフィンテック・スタートアップで、これまでに著名な機関投資家や個人投資家から6億8,900万米ドル(約732億円)の資金を調達しています。

TransferWiseの利用者は1,000万人を超え、毎月の処理額は45億ポンド(約6,300億円)を上回ります。TransferWiseの利用者は、銀行経由の送金と比較して、年間計10億ポンド(約1,400億円)を節約しています。

公式HPより
Zak

Zak

世界で1000万人以上が利用しているグローバルサービスなんですね!

会社・サービスの安全性

TransferWiseはKanto Local Financial Bureau日本でに認可された資金移動業者です。

法律によりお客様のご資金を安全に保管することが義務付けられています

ヨーロッパではBarclaysの英国アカウント、米国ではWells Fargoの米国アカウントでご資金が安全に保管されています。

公式HPより

正直使う前は、条件が良すぎるので何か裏があるのではと思っていました。

HPも色々確認しましたが、日本(関東財務局)で認可されている資金移動サービス業者と確認できたので利用を決意しました。

Zak

Zak

勿論 問題なく日本円をドル送金できましたよ!

仕組みとお得な理由

日本に認可されているといっても、低コストの秘訣が分からないと不安ですよね。

ポイントはトランスファーワイズは各国に銀行口座をもっとおり、送金情報に基づき各国内で国内送金をしています。

海外送金していないので、受取手数料・為替手数料を取り除くことが出来ます

Zak

Zak

低コスト・早い送金スピードの理由が理解できて安心ですね!

Wise(旧TransferWise)の使い方

始めてサービスを利用する時のプロセスを解説します。

  1. STEP

    公式サイトに移動・アカウント作成

    まずトランスファーワイズ公式ページに移動します。(アプリも利用できます)

    メールアドレス・パスワードを設定して海外送金に進みましょう・

    日本語で確認できます。

  2. STEP

    海外送金額を決定

    続いて送金金額を決定します。

    この際 他社サービスとのコスト比較も可能

    アメリカの場合 日本からの一度の送金上限は100万円までです(複数回に分ければ100万以上の送金が可能)

  3. STEP

    個人情報入力

    続いて氏名・電話番号・住所情報を入力します。

  4. STEP

    送金先の決定

    こちらで送金先の情報として海外銀行口座情報を入力します。

    必要な情報は口座氏名・ルーティングナンバー・口座番号・口座種類です。

    (例)UNION Bank パシフィックサービスRouting Number : 122000496

  5. STEP

    本人確認

    マイナンバーをお持ちの方はそれ1つで認証可能です。

    お持ちでない方はマイナンバー通知カード+免許書/パスポートが必要

    マイナンバー情報はアップロード前に上記図のようなチェック項目があります。

    指示に従い3つ写真を撮影しましょう。

    4桁の認証コードは重機画面に遷移したら実際に表示されます

  6. STEP

    支払方法確認

    銀行振り込みを選びましょう。

    続けて取引内容を確認します。

  7. STEP

    銀行口座でトランスファーワイズに入金

    日本の銀行からトランスファーワイズに入金します。

    こちらもオンラインバンクで振り込めば手間がないですよ。

    入金時 備考欄に会員番号(Pから始まる)の入力を忘れないようにしましょう

  8. STEP

    海外送金完了

    アクティベート(個人認証)完了後 送金処理がおこなれます。

    オンラインで本人確認できなかったときは、郵送でアクティベーションコードが送付されます(私の場合4日後にアクティベート用の書類が届きました) ※オンラインでアクティベート完了している場合は郵送資料届かない模様

    トランスファーワイズから振込確認連絡があり、速やかに送金処理。

    これで一連の手続きは完了です。

他のアプリの会員登録とそんなに変わりませんね!

Zak

Zak

利用手続きはとっても簡単です!

Wise(旧TransferWise)を使った感想

赴任前でただでさえ忙しいなか、平日銀行に行く時間がなかなか取れませんよね。

ネット完結、送金コストも安いトランスファーワイズは欠点が見当たらないサービス。

しいて注意する点は一度のアメリカ送金上限が100万円までということですが、元々 新サービスに一度に100万円入金するのは勇気がいりますよね。

最初500ドルで試してうまくいったので、問題なく次回以降は5000ドル以上送りました

特に個人認証を終えた2回目以降は手続きの処理スピードもはやく、(営業日)1~2日で届きました。

Zak

Zak

あっという間に送金できましたよ!

駐在前の生活資金準備はもちろん、アメリカで投資などを行うために追加資金を入金したい方にもとても便利です。

一度駐在した後 2回目以降の駐在可能性もありますよね。

一度サービス開設しておけば60か国以上に海外送金可能

Zak

Zak

海外生活される方は使って損のないサービスです。

まとめ

この記事のまとめ

・海外赴任時は海外送金が必要

・忙しくて平日は銀行に行けない(手数料も高い)

・Wise(旧TransferWise)は手数料も安く最速で入金できる優良サービス!

トランスファーワイズは海外駐在者に必須のサービスです。

海外送金の手間とコストを減らして、他の海外駐在準備を充実させてくださいね!

Zak

Zak

駐在前の方には本当におすすめのサービスですよ!

以上、【トランスファーワイズ 利用方法】海外送金を安くオンラインで出来るサービス!【駐在前におすすめ】をお送りしました。

ではまた。