アイウェア

AHLEM(アーレム)のサングラスの美しさに脱帽【ロザンゼルス発のアイウェアブランド】

こんにちは、ファッションにこだわるZakです。

アメリカ駐在で痛感するのはサングラスはアクセサリーではなく必需品。

特にLAは日差しが強く、サングラスか帽子がないと目がまともに開けていられません。

関連記事:ロサンゼルス観光で訪れたい厳選おすすめスポット!【アメリカ駐在者が3泊4日モデルコース紹介】

そんな生活必需品であるサングラスですが、中々似合うデザインがなく長く悩み続けていましたが、ロサンゼルス旅行中に私の心の琴線につきささるサングラスを見つけました。

AHLEM Vivienneです。

良いところ
  • オーバーサイズなのに上品であわせやすい
  • アセテートのグラデーションが美しい
  • 顔半分隠れるので日焼け止め効果大
  • 女性と兼用もできて活用シーンが多い
気になるところ
  • 高い
  • ノーズがやや低い(海外仕様)

LAで生まれたアイウェアブランドAHLEM(アーレム)。

フランス生まれのデザイナーの生み出す肉厚でも上品なデザインは他に例を見ません。

Zak
Zak
存在感あるサングラスで日々かけるのが楽しいです!
こんな人におすすめ!
  • 大柄のサングラスを探している方
  • 他の人と被らないサングラスを探している方
  • AHLEM(アーレム)のアイウェアに興味がある方

それではご紹介させてください。

AHLEM(アーレム)とは

概要

AHLEM was launched in 2014 by Paris-born, Los Angeles-based designer Ahlem Manai-Platt.

Rigorous attention to detail, insistence on exceptional materials, commitment to sustainable methods, and an abiding obsession with arts and culture combine to inform AHLEM’s vision. The timeless applications of early 20th century Bauhaus design principles are of particular resonance and serve as a consistent aesthetic reference.

AHLEMは、パリ生まれでロサンゼルス在住のデザイナー、アーレム・マナイ=プラットが2014年に立ち上げたブランドです。

細部への厳格なこだわり、優れた素材へのこだわり、持続可能な手法へのこだわり、そして芸術と文化への変わらぬ執着が、AHLEMのビジョンに集約されています。20世紀初頭のバウハウスデザインの原則を時代を超えて応用したデザインは、特に共鳴し、一貫した美学の基準として機能しています。

引用元:AHLEM HPより抜粋・翻訳

アーティスティックな感性とLAのリラックスした雰囲気が交わった、存在感とデザインが魅力です。

LA店舗

実際にLAの旗艦店を訪問。

ヴェニスビーチからほど近くのアボット・キニー・ブルーバードという有名なショッピング街にあります。

小さなお店ですが、沢山のお客様で賑わってましたね。

Zak
Zak
お店の人と話し込んで、その場で購入を決断しました!

セレブマダムが同じモデルを購入決めたようで、お店の中で二人でハイタッチしてしまいました笑

AHLEM Vivienne概要


引用元:AHLEM商品ページより

仕様

サイズ 50 – 21 – 145
レンズ フランス製(UVA/UVBを100%カット)
素材 8mmのイタリア製高級アセテート

外見レビュー

美しいナイロンポーチが付属。

開けると美しいサングラスがお目見え。

美しい光沢とグラデーションにうっとり。

頑強なヒンジが頼もしい。

ノーズはやや低いので、必要に応じてノーズシールで微修正が必要な人もいそう。

ナイロンポーチの他に、レザー製のメガネケース、今回サービス?で再利用可能なプラスティック製のケースまでプレゼント頂きました。

Zak
Zak
メガネ本体も付属品もゴージャスです。

AHLEM Vivienneの感想

良いところ・メリット

  • オーバーサイズなのに上品であわせやすい
  • アセテートのグラデーションが美しい
  • 顔半分隠れるので日焼け止め効果大
  • 女性と兼用もできて活用シーンが多い

サングラスのサイズが中途半端だと、どうにも顔から浮いてしまいますよね。

一方で大ぶりサイズだと粗野になりがちなところが難点。

こちらはパリ生まれの女性デザイナーの感性で、オーバーサイズかつ美しいデザインが両立されています。

グラデーションがいいアクセントになっていますね。

本来の日差し防止効果も大きいですし、妻とも時々兼用しています。

Zak
Zak
実用品としても芸術品としても満足度大ですね!

気になるところ・デメリット

  • 高い
  • ノーズがやや低い(海外仕様)

海外仕様なので鼻当てがやや低く、頬で抑えるようなフィッティングになりがち。

お店の方に購入ご調整頂きましたが、必要に応じてノーズパッドなどを加工頂くかノーズパッドシールをはると更にかけやすくなると思います。

正直髙いですが、実用品として10年使うと考えると割高感はないです。

Zak
Zak
普段使う利用頻度が多いものにこそ投資したいですね!

AHLEM Vivienneまとめ

要約


・オーバーサイズでも美しいサングラスが欲しい
・AHLEM VivienneはLA発アイウェアブランド
・美しさと人と被らないところがお気に入り

以上、AHLEM(アーレム)のサングラスの美しさに脱帽【ロザンゼルス発のアイウェアブランド】を紹介しました!

ではまた。

AHLEM Vivienne商品ページ

こちらもあわせてどうぞ

1.男のこだわりアイテム→【ビジネスマン】オシャレな男のこだわりアイテム34選!【全部 実購入品】