ビジネス・出張

最薄・最軽量のパスポートケースは100均にあった話【海外出張におすすめ】

皆さん 海外旅行・出張の時にパスポートどんな風に持ち運んでいますか?

私は小心者なので、空港・機内・海外ならどこでも常に身に着けていないと落ち着きません

でも世の中に売っているパスポートケースは意外と大きくて、ずっと身に着けられるサイズは中々ないですよね。

かといって、パスポートだけで持ち歩くのはなんとなく気が引けます。汚れも気になりますし。

普段使うものでもないし、コスパよく薄くて軽いケースがないかと探していたところ、ダイソーでいいものを見つけました。

チャック付きポリ袋」です!

チャック付きポリ袋とは

透明で中身が見えるチャック付きの袋のことです。(そのまんまですが…)

女性の方は小物の整理によく使われている気もしますが、私も錠剤や、充電ケーブル等の収納に利用しています。

ピッタリ閉じて多少の水ははじくので、予備のコンタクトレンズを持ち歩く時もよさそうですね。万が一レンズの保存液が漏れてもカバンに染みないので。

なぜパスポートケースにふさわしいのか

サイズがピッタリ

多数サイズ展開のある「チャック付きポリ袋」ですが、幅100ミリ×高さ140ミリのものがパスポートサイズとほぼ一緒なんです!

 

サンプルを載せましたが、くまモンに特に意味はありません(笑)

可愛いから好きですけど。

では実際にパスポートを入れてみましょう。

いかがでしょう?あつらえたようにピッタリですね!?(興奮)

家で試したときはひそかに感動していました…

これでパスポートの汚れも気になりませんね!

意外な収納力

パスポートケースのいいところは、ケースにパスポート以外も入れられることです。

例えば、航空券チケットも一緒に入れることができます

他に入国カード等ももっておきたいときも2つ折りにすれば収納できると思います。

海外だと普段と違う環境で慌てていることが多いので、出張関係のチケット類を無造作に収納できる場所があるのは(精神的に)非常に楽です!

圧倒的な薄さ

機内ではジャケットを預けたり、もしくはカバンにしまうことがあります。

その時 パスポートケースを身に付けられる場所は限られており、胸ポケット一択となります

 

これで心配性の私も一安心です。

もちろん鞄に収納してもいいのですが、いずれにせよ薄い方が収納しやすいですよね。

スーツケースの内ポケットにも入りますので、仕事をしているときや安心して持ち運ぶことができます

ハードユースに耐えるタフさ

チャック付きポリ袋は意外と丈夫で、スーツ・シャツ・カバンから何度も出し入れして3年ほど使いまして、やっとくたびれ始めました

もちろんポリ袋なので、気兼ねなく交換ができます

まとめ

まとめますと、

要約リスト

・パスポートを持ち運ぶときに薄くて軽いケースが必要
・「チャック付きポリ袋」はパスポートケースサイズにピッタリで、チケットまで収納できる万能ケース
・袋が汚れたりくたびれても、気軽に新しいものに交換できる

海外出張の時は慣れない環境・英語のコミュニケーションで心身ともに緊張していますけれども、一番大事なパスポートは体の側でしっかりと保管しておけると思うだけで気持ちが和らぎますよ。

もしパスポートケースでお悩みの方がいらっしゃったら、一度お気軽に試して見てくださいね。

それではまた!