ビジネス・出張

【実購入レビュー】折り畳み傘をあえて2つ買ってみた【吸水傘ケースも】

皆さんは普段どんな傘を使っていますか?

私は普段から折りたたみ傘を鞄に入れています

雨の有無で通勤時の持ち物を変えるのがとても面倒だからです

最近 Amazonで新しいものを買うことにしましたが、1,500~2,000円の商品ラインナップが充実し過ぎて何を買えばいいかよく分かりません

今回 特徴の異なる傘を2種類 購入したので、皆さんに正直な感想をお届けします!

またカバンに濡れた傘を収納できるように傘ケースも購入しました。

濡れた傘を電車の中で持つのがとても嫌だからです。そちらについてもあわせて紹介しますね。

Bodyguard 折り畳み傘

商品概要

重さ450g、高さ32㎝と大型の折り畳み傘に該当します。

最大の特徴は持ち手部分のボタンです。

こちらを親指でボタンを押すと、一気に傘が開きます

傘面の曲面長さが118cm 、開く直径が105cmと非常に大きく傘骨が10本で頑丈そうです。非常に安心感があります

サイズ感は普通のビニール傘(長傘)の変わらないほどです。

ボタンをもう一度押すと傘が閉じます。

駅内に入るとき、車乗降時に畳む手間がなく、非常に便利です。

使った感想

・急に雨に降られても大事なカバン・革靴を守ってくれる安心感がある(成人男性がすっぽり入れるサイズ)

非常に堅牢なつくりになっており、風雨にさらされてもびくともしない

ボタンでの傘開閉も便利傘の折り畳みがシワなく直ぐできる

非常に重たい。ペッドボトルをカバンに入れているのと変わらない

Agedate 折りたたみ傘カバー

商品概要

続いて、「Bodyguard 折り畳み傘」を収納する折りたたみ傘カバーも購入しました。

 

Bodyguard 折り畳み傘には、薄手の傘カバーが元々付属しています(詳しくはAmazon商品紹介ページご覧ください)

使った感想(「Bodyguard 折り畳み傘」とセットで)

・あつらえたようにピッタリ入ります。

・ボリューム感のあるマイクロファイバー生地が雨を吸収するので、濡れた傘を気軽にカバンに収納できます

・「Bodyguard 折り畳み傘」とセットだと更に嵩張る

・カバンを少しでも軽くしたい人には向かない

日傘 Leebotree(超軽量 折りたたみ日傘

商品概要

こちらは厳密には「日傘」カテゴリーの商品になりますが、雨用にも使えるということで購入しました。

重さ約280g、高さ19.5㎝とBodyguard 折り畳み傘」よりは1周りコンパクトです。

並べてみると、特に高さの違いが際立ちます。(「Bodyguard 折り畳み傘は写真右側

日傘だけあって表面は真っ黒、遮光性が非常に高いようです。

傘面の曲面長さが106cm 、開く直径が98.5cmと、折り畳み傘にしては非常に大きなカバー範囲です。

 

とはいえ「日傘 Leebotree」(左側)は、「Bodyguard 折り畳み傘(右側)と比べると少しだけ小さなカバー範囲になります。(特に右側の写真のように、明らかに深さが異なります

使った感想

・雨傘としてだけでなく、猛暑の日差し除け(日傘)に使える

コンパクトな折り畳みサイズ

Bodyguard 折り畳み傘」と比べてしまうと、相対的にカバー範囲が小さいカバン、革靴の先はどうしても濡れてしまう

 超 吸水 マイクロファイバー 折り畳み傘 用 傘カバー

商品概要

 

「日傘 Leebotree」用に、別の折り畳み傘カバーも購入しました。

「Agedate 折りたたみ傘カバー」と比べると、マイクロファイバー生地目が細かめです。

 

25センチのものを購入しましたが、「Agedate 折りたたみ傘カバー」同様 サイズ感ピッタリでした。

感想(「日傘 Leebotree」とセットで)

・あつらえたようにピッタリ入ります。

・マイクロファイバー生地が雨を吸収するので、濡れた傘を気軽にカバンに収納できます。(吸水性能に特に不満なし)

非常に軽く、「日傘 Leebotree」と一緒でも嵩張らない

特になし (Bodyguard 折り畳み傘が入らないくらい

どっちの傘がおすすめ?

正直 両方思った以上にいい傘でした!

・ケースは折り畳み傘の大きさによりサイズに違いが出たものの、商品性に大きな差は感じませんでした。(しっかり雨を吸水してくれるため)

・ただし収納できる折り畳み傘に差があるので、今回紹介したセットでのご購入をおすすめします

折り畳み傘の評価軸を決めて比べると、以下の通りです。

 携帯性カバー範囲頑丈さ備考
Bodyguard
折り畳み傘
重たく嵩張る
(450g×32㎝)
非常に広く、
革靴もあまり濡れない
(曲面長さ 118㎝)
非常に頑丈
(傘骨10本)
ボタン
開閉
日傘
Leebotree
コンパクトで
嵩張らない
(280g×19.5㎝)
少し狭く、
革靴もずぶぬれ
(曲面長さ 106cm)
普通
(傘骨8本)
日傘
兼用

値段がお値打ちにもかかわらず両方スキのないつくりで、

・「Bodyguard 折り畳み傘」は多少嵩張ってもできるだけ濡れたくない人

・「日傘 Leebotree」はカバンをできるだけ軽くしたい人

におすすめです。

ちなみに私が普段使いしている折り畳み傘は、Bodyguard 折り畳み傘」です!!

お気に入りの革靴が不意の雨で濡れて、落ち込んだ経験が多々あるためです…。

正直 傘重たいですが、お気に入りのカバンや革靴が濡れるリスクの方が私には大きいです!

まとめ

本日の紹介内容まとめますと、

要約リスト

・折り畳み傘をカバンに常備していると、天気によって持ち物を左右されずに便利
・Amazonでコスパの良い折り畳み傘がたくさん扱っている
・「Bodyguard 折り畳み傘」は多少重くてもできるだけ濡れたくない人におすすめ
・「日傘 Leebotree」はカバンをできるだけ軽くしたい人におすすめ
・電車通勤時に濡れた傘をカバンに収納するなら、傘カバー同時購入がおすすめ

もし折り畳み傘購入で悩んでいる方がいましたら、是非 参考にしてくださいね。

ではまた!