家電・家具・雑貨

【3年使って分かった】水筒持参のメリット・デメリットをまとめてみた

皆さん お仕事に行く時 飲み物はどうされますか?

私はいつも水筒を持参しています。

 

会社の給湯室でお茶を入れる方もいますが、帰る前にコップを洗うのがとても面倒臭いからです。

(私は仕事が終わったら1秒でも早く帰りたいです)

とはいえ、毎日飲み物買うのはお金がかかるため水筒持参するようになりました。

もう5年以上そんな生活を続けていますので、私が感じる水筒持参のメリット・デメリットを紹介します!

水筒のメリット

好きな物を飲める

自分が好きなものを作るので、当たりはずれがありません

私はよく紅茶を飲んでいます。

今愛飲しているのは「イングリッシュティーNo.1」という銘柄です。

あっさりしてクセがない味ですので、飲み飽きしません。

100パックも入っていますが、アルミ個包装なので保管による劣化も抑えているのがうれしいポイントです

温かさ・冷たさが持続する

時間の経過を気にせず、飲み物を楽しめます。

今のような寒い時期は温かい紅茶は体をほっとさせます。

夏には氷を入れてアイスティーにしてもいいですよね

お金がかからない

正直 お金の面が一番大きいです。

先ほどの紅茶ですと、100パック 約1,000円。1パック 約10円

0.5ℓ容量の水筒ですと2パック必要ですので、水筒持参は1日に20円です。

一方 ペッドボトルを150円/本としたときに、年間のコスト差を比べてみました。

 単価1日1月(20日)1年(240日)5年(1200日)
水筒2020400480024000
ペッドボトル150150300036000180000
-130-130-2600-31200-156000

・1か月の会社稼働日を20日として試算
・1日約500ml飲み物を飲む前提(水筒、ペッドボトル1本分)

水筒持参にしたとき、月に3,000円弱、1年で約3万円5年で約15万円もお金が浮きます

非常に大きな金額ですよね。

高級鞄、メガネ、PCなんかも平気で買える値段です…

水筒のデメリットと対策

勿論 水筒のデメリットもあると思っています。

毎日朝 入れる時間がかかる

これは外で飲み物を買うときと比べるとどうしてもかかります。

私が紅茶を入れる場合は、

1)お湯を電気ケトルで沸かす(500ml)

2)茶葉パックを2つ取り出して水筒に入れる

3)お湯を注いで直ぐパックを出す

という手順です。

慣れれば毎朝 5分程度の作業です。

お湯を茶葉パックに注いですぐ取り出しても十分味は抽出できています。

お湯を沸かす時間以外は殆どかかりません(お湯を沸かしている間に他の支度もできます)

通勤時 鞄が重たくなる

これも少し面倒な点です。

後ほど紹介しますが、なるべく軽い水筒を利用するのがおすすめです

帰ってから洗うのが面倒くさい

私は妻にお願いしてしまっていますが、男の人には一番面倒な点かもしれません。

なるべく洗いやすい、構造のシンプルな水筒がおすすめです。

結局 水筒はアリなのか?

メリデメ両方述べましたが、私的には水筒持参が圧倒的におすすめです!

水筒で飲み物を買うお金を大きく節約できることに加え、水筒次第で先ほど述べたデメリットを最小化できるからです。

愛用している水筒の紹介

私はAmazonで購入した「ふわふわ Air マグ ボトル」を愛用しています。

理由は

・当時 MONOQLO(実際にテストするモノ評価雑誌)で最高評価だったこと(Amazonの商品紹介画像にも掲載されています。)

・躊躇なく購入ボタンクリックできる額だったこと

大きさ

 

容量は480mlと500を少し下回りますが、水筒の高さも低くカバンに入れるときも大きな邪魔にはなりません。

普通のペッドボトルを下回る程度です。

水筒は約180gと非常に軽く、持ち運びのストレスを軽減してくれます

部品構造(洗いやすさ)

  

部品も本体・蓋・内蓋の3つだけに分かれるシンプルな構造で、洗いやすいです。

耐久性

3年以上使う中で底面を中心に塗装がはがれていますが、使用に何の支障もありません

まとめ:飲み物代 節約男子におすすめ!

まとめますと、

要約リスト


・水筒持参すると会社でお茶を入れる、コップを洗う手間がない
好きなものを適温で飲める
・ペッドボトル購入時と比べると、圧倒的なお金の節約になる
・軽くて洗いやすい水筒を買えばデメリットは気にならない
つまり水筒持参おすすめです!・

少しでも皆さんの参考になる情報があれば幸いです。

ではまた!